Monthly Archives: 5月 2015

金融会社でお金を借りることについて

金融会社でお金を借りることは、私はとても良いことだと思います。
毎月の給与だけではどうしても対応できない急な出費というのは、社会人になれば誰でもあるこです。
例えば急な冠婚葬祭に関する知らせや、彼女へのプレゼント、また会社の同僚などの餞別など社会人であればさまざまなことに遭遇するばずです。
私もこのような急な出費が必要になった場合は、まよわず金融会社でお金を借りています。
皆が餞別などを行っているなかで、自分だけお金がないからという理由で行わないことは恥ずかしいことです。ましてや、その相手になんらかのお祝いなどを頂いている場合はなおさらです。
少ない金額にしても、手持ちのお金がない場合は、その日にお金を借りることができるようなサービスを行っている金融会社は私にとってはとてもありがたい存在だと感じています。
重要なことは、返済できる能力とのバランスなのです。そのバランスが崩れるようなお金の借り方をすることに問題があるのであり、そのバランスを考慮したお金の借り方をすればなんの問題もないと思います。
社会人であればそのバランスをしっかり考慮したお金の借り方ができるはずなのです。
私がキャッシングしている金額は平均して10万円くらいです。
彼女などのプレゼントなどに使う場合はこのくらいの金額を借りることもよくあります。10万円くらいであれば、自分の毎月の給与から数回に分けて返済することが可能ですし、ボーナスなどですぐに返済するこが可能だからです。

お金を無駄に使わない感覚を身につける

お金がないときですか、いつも感じてますよ。
って、これだけでは不十分でしょうから、もうすこし具体的に書きますが、やっぱり家賃とか水道代とか必要経費がどん、と引き落とされた月末にはお金の不足を感じますね。
あとは飲み会とかに参加したくない、参加しにくいと思うとき、「金が・・・」って思います。
お金は足りないからと言って、安易に借金していると後が大変みたいですよ。
親族とか親友とか、無利子で借りられる人を持っておけば、本当に欠乏しているときは助かるかもしれません。
でも、それも限度ありますからね。

自分のお金の感覚を鍛えるほうがいいと思ってます。
実は数年前からマジメに家計簿をつけているんですよ、えらいでしょ。
かつて、家計簿をノートにつけているときは、はっきり言って続きませんでした。
昨今は無料の家計簿ソフトがあるので、口コミなども参考にして、記録しやすく、画面の見やすいものを選んで使っています。

毎日コツコツ、レシート見ながらお金の記録を残していってます。
数年続けていると、自分のお金の使用の方向がわかってきますね。
家賃とか電気代とか必要最低限、かかるものはまぁ、仕方ないですよ。
見直ししやすかったのは携帯電話代、食費、外食費、交際費、書籍代、こんなところですかね。
特に携帯電話はほんとに無駄な出費をしている可能性がありますね。
ちょうど機種変更の時期になったこともあり、今の自分の使用量にあった料金プランに入っているのか、もっと安くする方法はあるんじゃないのか、いろいろ調べた結果、1か月あたり数千円単位で減額できました。
けっこう、無駄に払っている方、いるかもしれませんね・・・。

消費者金融がある事で

給料日には懐が重いものの、給料日前ともなると懐がとても軽くなってしまいます。
これが私の毎月のパターンなのです。
未だ給料日までお金が足りていれば良い方です。
時には給料日までお金が持たない事もあるのです。
そんな時は消費者金融で借金をして、給料日まで食いつないでいます。
現代はお金がないと一日たりとも生きてはいられませんから、お金の存在はとても重要になってくるのです。
こんな私にとって消費者金融は、命をつなぐタイトロープとなってくれています。